頻尿改善のための対策

頻尿を改善するためには、ノコギリヤシなど有効とされる成分をしっかり取り入れるということが大切です。

比較的まだ進行度が浅く、軽度の場合は自分でトレーニング的なことをすることによって頻尿が改善できるケースも多々あります。その方法をいくつかご紹介しておきましょう。


膀胱トレーニング

病的な原因で頻尿になっているわけではない方は、尿意を感じてからまず尿道や肛門などに力をギュッと入れて意図的に尿を我慢していきます。これも頻尿改善対策のひとつです。最初はほんの2,3分からでOKです。慣れて来たら徐々に10分くらい我慢できるようにしていきます。そうすることで尿意即排尿という今までの習慣を断ち切ることができるので、ある程度尿を膀胱内に溜めておけるようになってきます。

何か病気を持っていて、尿を我慢すると逆効果になるという場合はこの膀胱トレーニングは向きません。



骨盤底筋トレーニング

骨盤底筋というのはいわゆるインナーマッスルに分類される筋肉のことで、骨盤の内臓を支えている筋群になります。力の入れ方は、椅子に背筋を伸ばして座るようにし、お腹に手をあて下腹部を意識し、肛門を占めるように力を入れます。これを3回ほど繰り返していきます。

次に、その体勢のまま下腹部をグッと上に持ち上げるイメージで力をいれ、ゆるめるという動きを3回くらい繰り返します。トレーニングの方法はこんな感じです。

文章にすると少し難しいですが、要は肛門や下腹部の筋肉に力を入れるようにするだけです。

意識しないと意外と使われない筋肉なのでぜひ取り組んでみましょう。


頻尿 改善

姿勢を整える

骨盤底筋などは、姿勢が悪いとゆるんでしまいます。特に骨盤が前傾しすぎていたり、後傾しすぎているとゆるみっぱなしになるので、骨盤の前後のゆがみを整えることもかなり有効です。

骨盤を整えるのは自分だけの力でやるよりも、整体に通ったりして姿勢や身体のゆがみを整えてもらった方が早いです。どんなに頑張ってトレーニングをしても、身体のゆがみがあるとなかなか成果もでないので、頻尿改善対策の一環として整体に通うというのも選択肢として入れておくとより良いでしょう。

TOPへ